Demo OpenShared

OpenShared Craft3 CMS デス

Zpier Pushを利用してスプレッドシートに保存するブックマーク

published: , updated: 2020-05-31

画像:Zpier Pushを利用してスプレッドシートに保存するブックマーク

PocketとZapierを使ってスプレッドシートに記事をまとめていくに続いてZapierを使ってデータをまとめます。

前回は、モバイル端末でDiscoverの記事からPocketに共有しスプレッドシートに保存していきました。 今回は、デスクトップ作業中の検索結果やリンクなどのページをスプレッドシートに保存していき、さらに設定したTagを付けるとPocketに保存します。

Zapierの独自アプリ「Push」

Zapierは様々なアプリと結合できますが、さらに便利に使うための独自アプリがあります。

今回は、その中でも「Push by Zapier」と「FIlter」を使います。

Push by ZapierはGoogle Chrome機能拡張

機能拡張を経由してアクションを起こすことが可能になります。

Push By Zapier Chrome 機能拡張

画像のように設定できます。

1. Pushブックマーク | New Push With Fields

2. スプレッドシートに保存 | Create Spreadsheet Row in Google Sheets

事前にスプレッドシートを作成し項目を設定します。 [H]列からはXPathをヘッダに設定し、IMPORTXMLでサイトのメタデータを取得します。

3. フィルタ | Only continue if...

1.で作成した「tags」フィールドに指定したタグでPocketに保存するようにするため、tagsフィールドをフィルタで判定します。filterはZapierの独自アプリです。

4. Save for Later in Pocket

3.のfilterでTrueの場合は、Pocketに保存されます。

その他独自アプリ応用

翻訳を使って特定の記事を翻訳することができます。 この場合、

  1. トリガー記事取得
  2. 翻訳 * Google APIと同じ文字制限がある
  3. 出力、メールやスプレッドシートなど

工夫次第でデータ整理できるのはイイです。