Demo OpenShared

OpenShared Craft3 CMS デス

Zapierのタスク履歴データをエクスポートする

published: , updated: 2020-05-21

画像:Zapierのタスク履歴データをエクスポートする

ZapierはError、Filter、Successsなどそれぞれの結果で5,000件エクスポートすることができます。

1ヶ月ではオーバーしてしまうので、10日おきくらいでエクスポートしています。

エクスポート手順 - Generate Task History CSV

  1. Task Historyで日程(Select Date)を変更します。
  2. 左横の Everythingからエクスポートするstatusを選びます。
  3. 左横のAll Zaps から対象を選びます。
  4. Select Allします。
画像:Stasus select

注意しておきたいエクスポート

複数のZapsを出力するとデータ列が横に横に増えていき扱いたくないデータになってしまいます。手間でも個別にエクスポートするしかありません。

画像:Task History Generate CSV

履歴をスプレッドシートにZapsしたいところです。

マルチステップで使う Filter by Zapier

Zapierでは何らかのデータ整理・出力に使っていたりするので、履歴をCSVにする必要はないのですが、Zapier独自アプリのFIlterを利用した場合Task Historyにしか残らないデータがあります。

Filter by Zapierは、トリガーで取得したデータの条件を指定できますが、使えるのは有料のStarterプランからです。*( FreeはSingle-step Zaps、StarterはMulti-step Zaps)フィルターの条件はText Wordだけでなく時間や数値でフィルターすることもできます。

フィルターは条件を満たしたデータのみがタスクとしてカウントされます。

例:Twitter Search Mention [キーワード:Zapier] に取得するデータに [キーワード:Pocket] が含まれる場合にスプレッドシートに保存する。

  1. トリガー : イベントが発生:Twitter Search Mention > Search Term [キーワード:Zapier]
  2. フィルター : 投稿に「Pocket」のキーワードが含まれる ture 判定
  3. アクション:投稿をスプレッドシートに保存する

条件を満たさないデータはTask Historyでは確認できますが、データ化するにはDownloadするしか無いようです。